新品同様の性能を維持している

未使用の中古車は新古車と言われる

新古車とは未使用の中古車のことで、展示車や試乗車などを指すのが一般的です。ただ完全なる未使用の中古車は少なく、試乗などで僅かに走行されたものが目立ちます。こうした新古車はほとんど運転されていないので、新車と相違ない品質・性能を発揮します。外観・内装に至るまで新品同様ですし、走行性能も同等です。走行距離が多い中古車ですと、パーツの摩耗は避けられませんし、乗り手の癖などもついてきます。すると同様のクルマであっても、新車とは乗り味が違ってくるのです。また新古車は基本的に砂利道などの走行はしないので、車体に目立った傷がつく心配もありません。費用対効果においても、一般的な中古車と比べて新古車は優れています。

値段がリーズナブルになるのが魅力

展示車のなかには未使用の車両もありますが、これらは新車には分類されません。クルマは登録をした時点で中古車となり、それは走行が0kmであってもです。新古車の魅力は値段がかなり安く抑えられていることで、安さと性能の両立を考えている人におすすめです。僅かに走行された新古車の場合だと、適度に慣らし運転が行われています。そのため新車よりも乗りやすいと感じる人もいます。まったくの新車で購入した場合は、一から慣らし運転をする必要があります。しばらくはエンジン回転を抑えた運転を求められますが、新古車ならば慣らし運転の手間をある程度軽減できるのです。購入したらすぐに高速道路を走行したい、といった状況で役立つでしょう。

中古車のリースは、契約内容によるものの数年おきに新車を選べることや、利用期間を自由に決められるためコストを節約しやすいといった特徴があります。